山藤のちりめん風呂敷

previous arrow
next arrow
Slider

中島みゆきさんも認めた山藤の丹後ちりめん


「糸」「空と君のあいだに」「悪女」などで有名な歌手の中島みゆきさんの指名で、山藤は「夜会」というコンサートで発売するためのふろしきを制作しました。

日本三景の一つ、天橋立の近くの与謝野町で1833年から創業しております。
180年以上取り柄切れることがない技術と信頼で作り上げた友禅風呂敷・正絹袱紗(ふくさ)を通信販売しています。
ふろしきやふくさを使ってくださる方がより、便利に、使いやすくご利用していただくことを第一に製作しております。

山藤のちりめん、そのこだわり

ちりめん白生地は、一般的なちりめんとくらべると生地の強度と質が違います。
ちりめんを作りつづけて、およそ180年の山藤には、創業から守ってきたこだわりがあります。

ちりめんのコシを高めるため

ちりめん特有の凹凸である「シボ」と呼ばれるものは、緯糸をひねる「撚糸」によって生まれます。
ひねられた糸が精錬の段階で元に戻ろうとするとことで、この「シボ」ができます。見栄えを重要視すれば、ちりめんの強度は失われます。
しかし、山藤のちりめんは、経糸の密度を上げることにより、適正なシボを保ちながらも、糸の強度も保っています。

他にない品質を求めて

「山藤のちりめんは精錬に時間がかかる」とよく言われます。
経糸の本数も多く、撚糸も多くかける。当然、時間とコストが高くなってしまします。
ただ、「量より質を」というのが、山藤が創業以来守ってきたポリシーです。そのための労は惜しみません。

染められてことの白生地

白生地のままでは商品にはなりません。
当たり前のことですが、染められることにより、初めて商品となります。
染色にも技術と手間を要求します。染め上がったちりめんがより美しくなることを目指すからです。
白生地の密度が高ければ、その分、友禅染の段階において、真価を発揮します。
美しいちりめんを作るのに、最も大切な役割だと、山藤は信じています。

天皇にもふろしきを献上しました

長年の技術研鑽で、天皇に”ふろしき”献上させていただきました。
日本に生き続ける伝統文化の担い手としての自覚を新たに、日本一美しい丹後ちりめんを織り続けて参りたいと思っております。